海外への引越しで気をつけたいこと

国内でなく、海外への引越しをする場合、まず一番気をつけたいのが、適切な引越し業者を選ぶことです。
きちんと国土交通省からの認可を受けた業者であるか、国内だけでなく、海外引越しの実績も評判も良い業者であるか、ということを見極めましょう。
海外への引越しは、国内の引越しとは違って、梱包と引き取り、輸送、現地に到着後は輸入通関などもあり、複雑な工程です。
これらのサービスと経験がしっかりされていて、信頼に値する業者なのかが一番気になるところです。
日本国内と同様、海外への引っ越しの荷造りにも多少の工夫が必要です。
海外の引越し料金は、通常、重量ではなく、容積で計算されることがほとんどです。
ですので、コストをおさえるコツとして、荷物をできるだけコンパクトに小さくするということが重要です。
そして、木枠で梱包するため、その枠内に無駄な空間がないよう、同じ大きさの段ボール箱を使うとコストがより低くなるはずです。
また、海外引越しで気になるのは、日本語サービスです。
現地の言葉ができる人はともかく、何かトラブルがあったときに現地できちんと日本語のサービスがある方が安心です。
ただ、その分、引越しの費用が高くなる場合もありますので、特に必要のない人は、あえてコストを下げた日本語サービスなしの業者を選ぶとよいでしょう。
また、すぐに使う自分の生活必需品、急ぎでない船便送付分、航空便送付分など、急ぎや目的に合わせてコストをおさえ、使い分けるのもおすすめです。